アルゾーニ・イタリア

Gardener
〜 庭師インタビュー 〜

アルゾー二がオープンしてから
初めてのお手入れにいらしていた
有限会社 黒田造苑 黒田信一さん
お話を伺いました。

木の持つ自然な形、素材自身の持つ「良さ」を大事に

花壇
アルゾーニのお庭はとても個性的で本当にすてきですよね。
そうですね、オーナーさんのお好きなものを相談しながら配置しました。 こちらでは特に、木の持つ自然な形、素材自身の持つ「良さ」を大事にしました。 お手入れも、素材の持つ「良さ」を保つのが目的です。
なるほど!とてもアルゾーニらしいですね。 お庭を見ていてとっても落ち着いた気分になるのは、木々が整然と並んでいるのではなく、 とても自然な形だからなのかもしれませんね敷きつめたラベンダーとローズマリーは1400ポット庭を作り上げていく段階で、特に苦労されたことはありましたか?
オーナーのビジョンがとてもはっきりしていたのでとてもやりやすかったです。しいてあげれば、車道からアプローチにかけて敷きつめたラベンダーとローズマリーですね(笑) 全部で1400ポットも使いました。大型トラックで運び込んで、職人が丸二日かけて敷きつめました。
それはすごい数です!(笑) ラベンダーとローズマリーは冬でもグリー ンの長いグラデーションを作っていて アルゾーニカラーの外壁にとても映えますよね。
オーナーは本当に良くお手入れなさっています。正面の、オリーブの木は当初計画になかったんです。 ですがこの優しいオリーブグリーンがこの外壁に合いますでしょう?植え込みの段階で急遽オーナーと相談して決めました。
庭
日本でもオリーブは実をつけるんですね。ちょっと意外でした。オリーブの実がたわわに実っている、なんて地中海のどこかの街のようですね。その他にアルゾーニのお庭の特徴はありますか?
結構実を付ける木が多いんです。例えば、テラスからみて一番左手にある木なんですが、フェイジョアといいいます。ふともも科の木なんですが、とてもめずらしい実を付けます。ピンク色の花をつけてとてもいい香りもするんですよ。
あ!オーナーから伺ったことがあります! 何でも、バナナとリンゴをミックスしたような何ともいえない美味だとか…。
そうですね(笑)あとは夏みかんの木と、ブルーベリーの木があります。レモンの木も植えたんですが、この春に、葉を全部蝶々の幼虫にやられてしまいました(笑)オーナーの方針で、一切薬を使っていないんです。
だからおいしかったんですね(笑)
そうですね(笑)オーナーは本当に良くお手入れなさっています。 通常でしたらこの規模のお庭でしたら、年に2回ほど大掛かりな手入れをしますが、オープンして1年と少しでしょうか、今回が初めてです。
アルゾーニの花をつける木はどれもゴージャスですよね。
そうですね、春先から5月頃はとても華やかになりますね。プレート前のサツキは、色のリクエストをいただいて、アルゾーニらしいワンランク上の上質なものを選びました。 とても上品でしょう?それから、反対側のフェンスにそって華やかなピンクの花を たくさん咲かせるのはトキワマンサクです。見頃は葉が紫で花が赤に近い濃いピンク色になり、とても華やかです。お庭中央のミモザは1年で随分大き くなりましたね。黄色の花が満開になるとお庭の雰囲気全体が変わります。
アルゾーニがすてきな秘密がまた一つ分かった気がします。ありがとうございました!